病気治療に利用されます|辛いむくみに効果あり!利尿剤ラシックスでむくみを改善しよう

辛いむくみに効果あり!利尿剤ラシックスでむくみを改善しよう

病気治療に利用されます

たくさんの薬

服用することで体内の水分を多量に排出する事が出来る利尿剤ラシックスですが、非常に強力な利尿作用がある為、通常のむくみの治療では処方されることはありません。
ラシックスが処方されるケースというのは、何かしらの病気の症状によって重度のむくみが発生した場合にのみ処方されます。

ラシックスが処方されるようなむくみの症状として「うっ血性心不全」「腎性浮腫」などの病気があります。
うっ血性心不全は高齢者に多く発症する病気で、心臓の機能が低下することによって体内の血液をうまく循環させることが出来なくなり、立っていると足、寝ていると背中、といった具合に身体中の負荷がかかっている箇所がむくんでいく症状があります。
そして腎性浮腫は腎機能が低下することで体内に存在している水分やナトリウムがうまく排出されなくなり、本来であれば排出されるはずの水分が体内に溜まっていきます。
そして腎機能の低下によって本来であれば体内で水分やナトリウムを排出される際に放出されるホルモンが減少し、どんどんむくみがひどくなっていくのです。

マッサージや食事制限、水分制限などによってむくみの症状を軽減させていくことはできますが、根本的な回復というのは非常に難しく、放置していればどんどんむくみが酷くなり、場合によっては体内に溜まった水分が原因で肺水腫などの別の病気になってしまう可能性もあります。
その為、放置することで別の病気を併発する可能性を含むような重度のむくみにのみ、ラシックスは処方されるのです。

Copyright (c) 2017 辛いむくみに効果あり!利尿剤ラシックスでむくみを改善しよう all reserved.